荘厳な城の存在感!ドライブデートにおすすめの日本城

シェアをする

Samueles / Pixabay

日本には、多くのお城があります。好きな戦国武将がいたら、歴史情緒感じるお城デートも楽しいものです。特に、高台の土地に建っていることが多いので、高台から見る街の景色も、城巡りの醍醐味ですね。

今日は、カップルで荘厳な雰囲気を味わえるとともに、1日楽しめそうな城をチョイスしてみました。

姫路城(兵庫県姫路市)

日本初の世界遺産に指定!!天を舞う白鷺のように見えることから別名 白鷺城と呼ばれています。徳川家康の孫、悲劇のヒロインの千姫など物語が多数あることで有名です。

まず、城の中に入ると、柱や梁の太さや大きさに圧倒されます。真っ白で眩しいお城はとても広く、レンタル自転車を借りてまわれば、おいしい空気とともに楽しめます。
姫路城城主の墓がある円教寺が、車で30分のところにあります。

ラストサムライのトムクルーズと渡辺謙が挨拶を交わすシーンで使われたところでもあります。

姫路城の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

安土城跡(滋賀県近江八幡市)

五層七階の大型の天主や金の鯱(シャチホコ)を初めて持った城と言われています。
幻の城と呼ばれ、今はその城跡しか見ることができませんが、山ひとつ丸々足跡だったことから、その壮大さが伺えます。

織田信長の夢の城だという思いを馳せながら、階段を一段一段噛み締めながら登り終えた後の絶景には、感慨深いものを感じます。
近くに資料館もあり、安土城レプリカも見られ、安土桃山時代をイメージすることもできます。大河好きにはオススメの場所です。

安土城跡の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

弘前城(青森県弘前市)

江戸時代、津軽藩の藩庁が置かれた場所でした。
広い敷地の中で、どっしりとしたきれいな石垣がキレイに並んでそびえ立っている雰囲気で正に、The お城!という感じです。

東北地方に唯一現存する天守の名城です。
下乗橋から見た天守は、朱色の欄干とお城の雪景色がキレイに見えるのも雪が多い青森ならではの地。

1番のオススメの時期は桜の時期です。

弘前城の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

犬山城(愛知県犬山市)

小さいお城ですが、室町時代に建設された国宝の天守閣は現存する最古の様式で、傾斜の厳しい階段や木のきしむ音が江戸時代を懐かしく感じさせます。

木曽川のほとりの小高い山の上に建てられた天守閣からの眺めはまさに絶景。
城好きな方にはたまりません。
城下町も紅葉の時期は赤く染まって最高です。

犬山井上低など近くに観光施設も充実しており、1日楽しめます。

国宝犬山城の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

元離宮二条城(京都市)

徳川家康が上洛時の宿舎として築城したこの城は、江戸時代の始まりと終わりを象徴的に示す歴史変革の場所です。

二の丸御殿の荘厳な建物や内部の襖絵や徳川慶喜が大政奉還を宣言した大広間を間近で見られる醍醐味は自分が、その場に遭遇したかのような錯覚が味わえます。

広い庭には、ピンク色の桜や梅林、初夏の華やかなツツジそして、夏のしだれえんじゅは涼を感じ、秋の紅葉と味わい深い散策が季節を通して1年楽しめるのも魅力の1つです。

元離宮二条城の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

首里城(沖縄県那覇市)

中国後宮ドラマが好きな人ならはまります。

この朱色の建物を見るだけで、絢爛・豪華・いにしえの王国の栄華を感じさせます。
琉球王国は政治・外交・文化の中心でした。約3万株の草花で装飾された首里城公園の琉球の華みぐいは、はっきりとした色とりどりの草

花や観葉植物はキレイの圧巻です!!
門番が銅鑼(どら)の合図と「御開門(うけーじょー)」の声で開門の儀式も、当時を思い出させる気分になります。

首里城の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

勝連城跡(沖縄県うるま市)

世界遺産の1つで、琉球王国を統治すべく先の首里城を攻めましたが、逆に滅ぼされました。

城は小高い丘の上にあります。てっぺんまで急な階段が続きますが、上からの眺めは360度パノラマ世界は、エメラルドグリーンの中城湾や金城湾の景観が見渡せますので、首里城よりもこちらが好きという人気の高さです。

勝連城跡(世界遺産)の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

上田城(長野県上田市)

去年の大河でお馴染みの真田信繁(幸村)の父、真田昌幸によって築城され、は第一次・第二次上田合戦で徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として有名です!
日本百名城・日本夜景遺産にも認定されています。

現地は、おもてなし武将隊の真田幸村と十勇士達達が昔のいでたちで無料で、ガイドもしてくれて楽しめます。
信州そばも美味しいですよ。

上田城の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

浜松城(静岡県浜松市)

徳川家康が居を構えた城は、野面積みの石垣が壮大さを感じます。
天守閣も整備が行き届いていて、心地よい空間です。
出世城として名高く天守から見渡せる浜松の町並みは殿様気分を味わえますよ。

今年の大河の井伊直虎は、徳川家の四天王である井伊直政の義母にあたります。
今年は人気で人がいっぱいになりそうですね。

浜松城の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

竹田城跡(兵庫県朝来市)

輪郭のない石垣跡だけなのですが、世界遺産のマチュピチュに来たのではないかと思えるほどの絶景が味わえます。
CMでもタモリさんが驚いている、朝の雲海に浮かぶ城跡を絶対見るべきです!!

この近くに、無料情報館「天空の城」があり、竹田の歴史が学べます。
感じのいい古民家ホテル、地元食材の味わえるフレンチレストランもありますので、1日中、雰囲気が味わえて楽しめますね。

竹田城跡の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

まとめ

毎年大河を見る人の多くは、歴史の人物だけでなく、その歴史人物の思いで建てた城にも興味が湧いてきますね。

当時の人々は、守りを固めるためにどんな仕掛けを施したか、なぜこの立地を選んだのか?
絶景ビューを眺めながら想像すれば、さらに2人で盛り上がれます!!

城への道は、ヒールだときついところも多々ありますので、彼女にカジュアルな靴と服装をアドバイスすることをお忘れなく!!