癒しの滝巡り!ドライブデートにおすすめの滝10選!

シェアをする

PublicDomainPictures / Pixabay

木々の香りと、滝の水しぶき。

目の前にしたら、感動必至ですよね。

マイナスイオンパワーをたっぷり受けに、滝巡りにでかけてみませんか?

滝を目の前にすると気分爽快になり、力が湧いてくる気がしますよね。
滝のみずしぶきのマイナスイオンを浴びてリフレッシュしましょう。

今回は、関東近郊の滝10選をお届けします。

袋田の滝(ふくろだのたき)

茨城県久慈郡大子町にある「袋田の滝」。

日本三名瀑のひとつとして、茨城県の観光名所となっていますよね。
よくテレビのお天気中継でもよくお目見えするのでご存知の方も多いでしょう。

高さは120メートル、幅は73メートルの大きさがあり、滝の流れが大岩壁を4段に落下することから「四度(よど)の滝」とも言われ、ダイナミックな風景を見せてくれます。

四季折々に姿を変える「袋田の滝」ですが、冬は、滝全体が真っ白に凍結し、見応えがありますよ。

凍った滝は、圧巻です!

一度は訪れたい場所ですね。

袋田の滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

吹割れの滝(ふきわれのたき)

群馬県沼田市の観光名所、「吹割の滝」は、東洋のナイアガラと言われ、国の天然記念物に指定されています。

川床を割くように水が流れ落ちることから「ふきわれの滝」と命名されました。

遊歩道も整備されていて、渓谷美を見ながら散策ができるのでデートにぴったりですよ!

吹割の滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

華厳の滝(けごんのたき)

「華厳の滝」は、栃木県日光市の有名な滝ですよね。

袋田の滝とともに日本三名瀑のひとつで、日光三名瀑にも数えられています。

男体山の噴火によって岩石が堆積し、せき止められた中禅寺湖の流出口にあります。

高さ97メートルの落差からの流れに加え、岸壁から伏流水からの流れも吹き出し12の小滝が珍しい景観を作り出しています。

華厳の滝エレベーターに乗って、迫力の滝しぶきを間近に見て下さいね。

華厳滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

##竜頭ノ滝(りゅうずのたき)

日光三名瀑のひとつで、日光を代表する滝です。

滝つぼ近くが大きな岩によって二分されています。

その様子がまるで竜の頭に似ていることから、「竜頭の滝」と名付けられたそうです。

本当にそのように見えるか自分の目で確かめて下さいね。

特に紅葉の季節は、色鮮やかな紅葉と滝の姿が素晴らしく、多くの観光客が訪れます。

竜頭ノ滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

湯滝(ゆだき)

日光の3名瀑のひとつ、奥日光の湯ノ湖から流れ落ちる滝で、落差は50メートルです。

湯滝を流れ落ちた水は、湿原「戦場ヶ原」を流れる湯川となって、竜頭の滝を下って中禅寺湖へ流入するんですよ。

滝の側面には、遊歩道があるので、滝の鑑賞にはもってこいです。迫力満点ですよ!

湯滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

濃溝の滝(のうみぞのたき)

「まるで、ジブリの世界」と口コミで広がった千葉県君津市にある「濃溝の滝」。

洞窟から差し込む光が水面に反射し、ハート形に見える写真が話題となり、多くの人が訪れています。

「濃溝の滝」は、大きな岩をくり抜いた中から静かに流れる小さな滝です。
滝の先には、広い岩の川底の渓流が広がり美しい景観が広がっていますよ。

片倉ダムの上流の笹川の渓流沿いにある「清水渓流広場」内にあるので、遊歩道が整備されていてゆっくり散策しながら、見に行くことができます。

都心からも車で1時間ちょっとなので、神秘的な風景をぜひ一度、自分の目で確かめて下さいね。

濃溝の滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

払沢の滝(ほっさわのたき)

日本の滝100選に入っている、東京を代表する「払沢の滝」は、東京都檜原村にありますよ。

落差は4段で、約60メートル。
一番下の段にある深い淵は、神秘的で、古くから大蛇が住むと伝えられているんです。

冬には、美しく白く凍結する姿が見られます。

払沢の滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

丸神の滝(まるがみのたき)

埼玉県内で唯「日本の滝100選」に選ばれた、秩父郡小鹿野町にある名瀑です。

3段からなる落差76メートルの滝は、大量の水が一気に流れ落ちる豪快さはないながら、静かに水が流れる様子が、きれいですよ。

丸神の滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

宿谷の滝(しゅくやのたき)

埼玉県入間郡の毛呂山にある落差12メートルの小さな滝です。
別名「信太の滝」ともいわれ、古くは修験の場でもあったそうです。

確かに滝行が出来そうな滝です。

夏には、水遊びをする人たちがたくさん訪れます。童心に帰って遊べますよ。

駐車場からも徒歩10分くらいと近く、遊歩道も整備されていて、滝までの道のりにも癒しのスポットがたくさんありますよ。

宿谷の滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

仙娥滝(せんがたき)

「仙娥滝」は、山梨県を代表する景勝地の昇仙峡の奥にありますよ。

日本の滝100選に選ばれています。

「仙娥滝」は、地殻変動による断層によってできたもので、落差は30メートルです。

駐車場から5分くらいと近く、行きやすいですよ。

どの季節に出かけても、荘厳な姿を見られます。

滝を見終わったあとは、近くのほうとう会館で、甲州名物のほうとうを食べて帰るのも良いですね。

仙娥滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

まとめ

滝の周辺には、遊歩道が整備されているところも多く、滝以外の自然にも出会えます。

「日本の滝100選」に選ばれていない滝でも、魅力的な滝はたくさんありますよ。

自分のオリジナル滝100選を作っても良いですよね。

滝巡りと称して、自然をめぐるのも素敵です。

滝の水しぶきを浴びたり目に優しい緑を見たり、大好きな人と、日常の喧騒を忘れ自然に癒されてください。

シェアをする

フォローする