デートの定番、日光東照宮おすすめ周辺スポット

シェアをする

kimura2 / Pixabay

週末デートにぴったりの日光観光。

日光に行ったのなら日光東照宮をぜひ見に行ってください。

日光東照宮について、またその周辺のおすすめのスポットをご紹介します。

日光東照宮とは

そもそも日光東照宮とは何なのかよくご存知でない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

栃木県日光市に位置する日光東照宮は、江戸時代の初代将軍である徳川家康を神格化し、東照大権現(とうしょうだいごんげん)と名付けてそれを祀る神社なのです。

日光山は古来より宗教的権威の場所であり、家康は徳川家の繁栄という政治的意図を持ってそこに作らせたということもありますが、日本全土の平和の守り神になろうと願ったと言われています。

自分を神にするなんて大それたことをした家康ですが、日本の恒久平和を願っていたのですね。

平成の大修理って?

日光東照宮の修復作業は昭和25年から始まっていますが、半世紀が過ぎ劣化が進んだため、平成に入ってから根本的に再修復をしなくてはならなくなりました。

平成9年から始まった修復工事は第四期に入り、2013年(平成25年)から6年計画で、本殿・石の間・拝殿、陽明門の2棟の修理が現在も行われています。

陽明門

1日中見ていても飽きないことから、ひぐらし門とも言われる陽明門こそ、あの「見ざる、聞かざる、言わざる」の3猿の木彫り像がある門です。

もともとの意味は、小さいころに悪い事柄は見ない、聞かない、言わないほうがいいという教えが表現されていたと言われます。

現在も修理が進められていますが、完成すれば建造当初のような極彩色が甦ることでしょう。

完成が楽しみですね。

日光東照宮の建物には、他にも眠り猫や馬、雀などのたくさんの動物が描かれており、それはすべて平和を象徴していると言われています。
この点が他の神社とは全く違った印象を与えます。

神聖さというよりは可愛らしさを感じるのはわたしだけでしょうか?

家康は人々に、平和に生きるためにはどうすればよいか、を子供に絵本を見せるように分りやすく教えたかったのかもしれませんね。

東照宮 陽明門の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

日光東照宮 宝物館

日光東照宮四百年祭記念事業として、平成27年3月13日に新宝物館がオープンしました。

日光東照宮に置いてあるものはレプリカが多いので、宝物館で本物を見ることをぜひおすすめします。

江戸時代の刀や兜、絵巻などの貴重な品々が展示されています。

また、ミニシアターではアニメやバーチャルリアリティ映像などが放映されていて、徳川家康について知ることができます。小さなお子さんから大人まで楽しめそうですね。

家康の直筆や、家康が関ヶ原の戦いで着た甲冑なども実際に残っていて展示されており、歴史をリアルに実感できることでしょう。

天下を制した家康の江戸時代に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

日光東照宮 宝物館の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

神橋(しんきょう)

神橋は、日光山の入り口にある、世界遺産にも認定されている朱塗りの美しい橋です。

以前は「山菅の蛇橋(やますげのじゃばし)」と呼ばれていました。

この名の由来は、遠く奈良時代までも溯ります。

勝道上人(しょうどうしょうにん)が日光山を開くにあたって、大谷川の急流に妨げられた際、神仏に祈ったところ深沙王(じんじゃおう)が現れて2匹の蛇を放ち、その背から山に生えるカヤツリグサ科の植物、山菅(やますげ)が生えて橋になったという伝説を持っています。

寛永13年(1636年)の東照宮が造られるときに今のような美しい朱色に塗られました。

秋には紅葉に包まれて美しく、日本三大奇橋の中の一つです。

フォトマニアや外国人も多く訪れ、記念写真をとるには絶好のスポットですよ。

神橋の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

華厳滝(けごんのたき)

中禅寺湖の流れ出るところに位置する華厳滝は、97メートルの高さから落ちる迫力満点の滝です。

エレベーターで展望台まで登ることができ、滝の流れ落ちるのを間近で見ることが出来ます。

日光には山や水、猿などの動物もいるため、その自然の豊かさ美しさは奇跡的であり、いつまでも胸の中に残り続ける光景を見られるでしょう。

華厳滝の表情は四季によっても変わります。冬には滝が大きな氷柱になることもあり、秋の紅葉と滝など、名画のようなシーンに出合えること間違いなし。

華厳滝の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

中禅寺湖

2万年前、男体山が噴火してできたと言われる中禅寺湖は、標高の高いところにある緑に囲まれた美しい湖です。

中禅寺湖は、782年(天応2年)に日光山を開いた勝道上人が、男体山に登頂したときに発見したと言われています。

勝道上人が湖畔に神宮寺(後の中禅寺)を建立したことからこの名前がつけられました。

男体山が臨める広々とした中禅寺湖に行くと思わず伸びやかな気持ちになります。

ボートや遊覧船に乗ることもできて、デートには打って付けですよね。

中禅寺湖の写真一覧ページ。じゃらんnetユーザーからの最新投稿写真などを掲載。

まとめ

ご紹介した日光東照宮とその周辺のおすすめスポットは、そのままベストデートコースになるのではないでしょうか。

文化や歴史に触れ、自然の美しさにも満喫していただきたいと思います。

シェアをする

フォローする