おすすめのETCカード

シェアをする

ETCとは、有料道路で料金ゲートでの支払いを自動的に済ませることを可能にするシステムです。

車にETCカードが挿入されたETC車載器が設置されていれば、料金所で停車せずに通過することが出来ます。
また、ETCカードを車載していると休日割引や深夜割引、ETCマイレージサービスに登録された方は平日朝夕方割引を受けることが出来てお得です。

「ETCパーソナルカード」とクレジットカードの追加ETCカードの違い

基本的に、ETCカードといえばクレジットカードに追加されている機能のうちの1つだと考えている人は多いと思います。

しかし、クレジット機能がなく、ETC機能に限定した「ETCパーソナルカード」というものがあります。

「ETCパーソナルカード」のメリット

「ETCパーソナルカード」のメリットは、どうしてもクレジットカードを作ることが出来ない人、またはクレジットカードを作りたくない人におすすめです。

「ETCパーソナルカード」にはクレジット機能がありませんので、デポジット(有料道路の利用回数に応じて最低2万円)を支払う必要があります。

入金した分の利用しかできませんので、家計管理が苦手な人でも安心できるでしょう。

クレジットカードの追加ETCカードのメリット

クレジットカードの追加カードの場合、発行費・年会費ともに無料で利用できるものもありますし、「ETCパーソナルカード」のように毎月デポジットを払う必要もありません。

また、クレジットカードのポイントも貯まりますので、よりお得に利用できるというメリットがあります。

しかし、クレジットカードの審査に通過する必要もありますので、過去に延滞履歴のある人や個人事業主や無職の人は信用がないため作れないデメリットもあります。

ETCパーソナルカードと追加ETCカードを比較すると

「ETCパーソナルカード」とクレジットカードの追加発行のETCカードをざっと比較したものがこちらです。

ETCパーソナルカード 追加カード
メリット クレジットカードを発行できない人でも可 後払い、ポイントが貯まる
デメリット 毎月の有料道路の利用額に応じてデポジットが必要 クレジットカードの審査通過が必要

クレジットカードを発行できない人以外は、基本的にクレジットカードの追加カードとしてETCカードを利用すると良いでしょう。

ここがまだ分からない!ETCカードの疑問

新しく車を買って、ETC車載器も買ったけれどETCカードの作り方や使い方が分からない…という方もいるのではないでしょうか?

そういう方のためにETCカードについて詳しく解説していきます

ETCカードの発行に審査はある?

クレジットカードを既に持っている場合は、ETCカード発行の審査はありませんし、「ETCパーソナルカード」を発行する場合もデポジットを支払えば大丈夫です。

クレジットカードの利用限度額がいっぱいだった!ゲートは通れる?

クレジットカードの利用限度額を超過していても、料金所を通ることはできます。

しかし、未払いが続きクレジットカードの利用を止められた場合はゲートが開かなかったというケースもあるようです。

当たり前ですが、クレジットカードは信用で成り立っておりますので、毎月の支払いは忘れずに行いましょう。

有効期限が切れたETCカードでも使える?

有効期限が切れたETCカードは、車載器に挿入した時点で有効期限が切れている旨の音声案内が流れます。
そのまま料金所を通ろうとしても、ゲートは開きませんので、決してETCカード専用レーンには入らないで下さい。

くれぐれもETCカードの有効期限には気をつけるようにしましょう。

ETCカードを発行するなら!おすすめのクレジットカード

ETCカードを発行するにはクレジットカードが必要なことは分かった…じゃあどのクレジットカードを選べば良いの?

そんなあなたの疑問にお答えしておすすめのETCカードを挙げていきます。

セディナカード

年会費は初回だけでなく永年無料です。
セディナカードと同時にセディナETCカードを申し込むことが出来ます。

セディナETCカードの利用金額はセディナカードの利用金額と一緒に請求され、ETC利用分はポイントが1.5倍になります。

貯まるポイントはわくわくポイントで、様々な商品やサービスとと交換することが出来ます。

セディナカードを持っている方は、セディナETCハローキティカードを申し込むこともできます。
券面デザインを選べるETCカードは非常に稀ですので、キティちゃんが好きな方にもおすすめです。

エポスカードVisa

入会費・年会費永年無料のエポスETCカードは、エポスカードVisaを持っていれば、ネット上ですぐに申し込むことが出来ます。
エポスETCカードを使えばエポスカードVisaを利用したポイントと合わせてエポスポイントが貯まります。

万が一のときのエポスETCカードの盗難や紛失にも対応して、全額保証も付帯されています。

ライフカード

他のカードと同じく年会費が永年無料で、ETCカードや電子マネーidを無料で発行出来るのがライフカードの特徴です。
ライフカード発行時にETCカードも同時に発行することが出来ます。

ライフETCカードに入会後一年間はポイントが1.5倍入ってきます。また、誕生日の月にカードを利用するとポイントが5倍付いてきます。貯まったポイントは景品やギフトカードとの交換、チャリティ募金、ANAマイレージへの移行、年会費などに使うことが出来ます。ポイントは最大5年間有効なので、基本的に有効期限を気にせずにポイントを貯め続けることが出来ます。

スムーズな料金所通過で快適なドライブを楽しもう

料金所で毎回停車して通過料金を払うのは面倒ですよね。
ETCカードとETCカード車載器があれば、料金所をらくらく通過することが出来ます。

大抵のクレジットカードの追加カードにはETCカードがありますので、年会費無料のクレジットカードで追加費用のないETCカードを発行しましょう。

用意ができたら、快適なドライブが待っています。

今回は紹介したETCカードは